フリーエリア

プロフィール

Jolly

Author:Jolly
こんにちは!
Jollyの婚活応援ブログへようこそ!
このブログでは婚活難民になりそうなあなたへのヒントを書いています。
気軽に立ち寄ってくださいね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

0 コメント

婚活を始めるには自己紹介文が大切

「自己紹介文を読んだだけで、自信がないのがわかっちゃいますよ。」

カウンセラーさんに自己紹介文を提出して、最初に言われた一言でした。
自分では謙虚に書いたつもりでしたが、デメリットを書いてしまうとマイナスになってしまうのです。

例えば、

・今まで恋愛よりも仕事をがんばってきたので、婚活が遅れてしまいました。
→恋愛に消極的だと見られてしまう。

・お料理は得意な方ではありませんが…
→マイナスなイメージになるので、得意でなくても「好きだ」と書くことが大切。

・周りから面白いと言われる
→芸人ではないので、「優しい」とか「気が利く」とか言われると書く。

・将来のイメージがまったく書いていない
→「仕事は続けたい」とか「子供ができても一緒に旅行に出かけたい」など、結婚後のイメージがつかめることを書く。

かなり直されて、できあがった自己紹介文を見ると、何だか恥ずかしい気持ちになりました。


(私の自己紹介文の一部です)

はじめまして。
都内で〇〇業の仕事をしています。
大学を卒業してからずっと同じ会社で働き、現在は後輩を指導する立場になりました。
周りからは「優しい」「おもしろい」などと言われます。
料理をすることが好きで、自分で味付けを工夫したりネットでレシピを探して作ったりして楽しんでします。
体を動かすことも好きで、週に1回はジムでヨガをしています。
将来は早く帰りたいと思える家庭にしていきたいと思っています。
子供ができてもずっと2人の時間も大切にしていきたいです。
よろしくお願いします。


0122-illustration-m.png
こ、これが私?!

でも、最初にカウンセラーさんに提出したのよりは、かなりよくなりました。
自分では恥ずかしくてこんなにアピールできませんでしたが、カウンセラーさんが上手に引き出してくれたので書けました。
少し良く見せすぎのような気もしましたが、これくらいでちょうどいいと言われました。
確かに自身のない文章を書いている人を、男性が選んでくれるはずもありませんものね。

これで自己紹介文も完成。
いよいよお見合いの申し込みに入りました。


(つづく)

コメント

非公開コメント